Morikawa Laboratory

About Us

Overview

東京大学森川研究室は,駒場リサーチキャンパスの先端科学技術研究センターにおいて研究活動を行っています.森川研究室の研究目的は,ビッグデータ/M2M(Machine-to-Machine)時代の情報ネットワーク社会はどうあるべきか,将来のネットワークを構築するにあたっての基盤技術は何か,といった点について明確な指針を与えることにあります.「社会基盤としてのICT」と「エクスペリエンスとしてのICT」の二つの軸で未来のストーリーを創るべく,「アプリケーション」を視野に入れた基盤技術の開発とともに,「Proof of Concept」プロトタイプの実装をも進めています.革新的な新世代ネットワーク・コンピューティング情報基盤の実現に向け,ビッグデータ,M2M,センサネットワーク,無線通信システム,ユビキタスコンピューティング,グリーンネットワーク,新世代ネットワークアーキテクチャなど,様々な視点から研究を行っています.

PageTop

Vision - 3C Everywhere and Physical Interaction

未来を予測することは極めて難しい作業ですが, 未来を「創る」ことはできます. 技術は社会を変える力を有しているためです. インターネットや携帯電話がここまで普及するとは多くの人が予想さえしていなかったことからもわかるように, ネットワーク研究には柔軟な発想が求められています. しなやかなかつ大胆な発想で一緒に革新的なネットワーク技術やアプリケーションを開発していきましょう. Making the Vision a Reality!

PageTop

Research Partners

PageTop

Sponsors

PageTop

Smart Rooms

当研究室では,新しい魅力あるアイデアの創出・実現に向けては実装・設置・実利用を通した研究過程が必須であると考えています.このような理念の下,その時々の研究プロジェクトの目的を反映した実証実験スペースを構築し,実証ベースの研究を進めてきました.研究成果を広く公開し,研究者だけではなく一般の方ともディスカッションを行うことも,これらの実証実験スペースを構築する目的となっています.
詳細...

PageTop

Access

駒場キャンパス(アクセス
〒153-8904
東京都目黒区駒場4-6-1
東京大学先端科学技術研究センター3号館5階
Tel: 03-5452-5368 / Fax: 03-5452-5369

PageTop