Morikawa Laboratory

無線センサネットワークにおける同時送信技術

無線センサネットワークにおける同時送信技術 image 無線センサネットワークにおいて,建設的干渉を利用した同時送信技術を用いることで,アイドルリスニングやロングプリアンブルなどの無線通信のオーバーヘッドを大幅に削減することができる.本研究の目的は,同時送信技術のより広い活用を見据え,様々な通信方式を想定し,干渉が建設的となる条件を明確にすることにある.同時送信技術では,複数のノードが同時に同一パケットを送信する.この際、複数の信号が建設的に干渉する場合にはパケットロス率は低下するが,キャリア周波数差や到達時間差により非建設的に干渉する場合にはパケットロス率が増加する.これまで、GNU Radio を用いて,IEEE802.15.4 や IEEE802.15.4g などの FSK を基本とした変調方式では,大きな変調指数の設定やスペクトラム拡散によりパケットロス率の増加を抑えられること,ビットレートの低い通信方式ではキャリア周波数差による位相の反転がパケットロス率の増加の要因となることを明らかにしている.

PageTop